ポスレジランキング

第1位 EasyPOS

  • お問い合わせから導入まで業界最速のスピード対応

  • 故障や緊急の際も全国どこでも充実なサポート

  • POSレジの周辺機器も豊富なラインナップで自由にカスタマイズ

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

EasyPOSに対するみんなの口コミ

EasyPOSではバーコードの発行がPOS本体で行うことができるので、バーコードを持たない商品にも対応ができるので、売り...
顧客管理機能も充実しているので、必要な時にお客様の情報が正しく引き出せるので、より質の高い顧客サービスを提供できるように...
売り上げ管理機能もクラウドで一括で管理しているのでネット環境さえあればどこでも店舗の情報が確認できます。管理機能も充実し...

レンタルPOSレジだから簡単導入

レンタルだから解約リスクも低く、簡単導入ができます。月額なので店舗経費の負担にならず導入が可能です。

第2位 POS+

  • 1Clickで店舗状況、売り上げアップに繋がる答えがわかる

  • 海外への店舗展開を技術面で積極的にサポート

  • 毎日の困ったを完全無料で何度でもサポート

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

POS+に対するみんなの口コミ

ポスタスは専用の機材が無くタブレットで利用ができるので、簡単に導入することができました。タブレットは私生活でも身近に使わ...
問い合わせから利用開始まで最短の10日で対応して頂き、導入時担当のスタッフさんが直接店舗に来てくださりきちんとマスター登...
美容室専用のポスレジを導入しました。本体とスタイリスト用のタブレットで連携させることで、顧客情報の入力を時間短縮になりま...

店長の業務をシンプル且つ時間短縮に

ポスタスでは店長が普段担っている勤怠管理やシフト作成機能なども標準装備しています。人件費や過去実績なども対比できるので、コスト計算も簡単にできます。

第3位 ポスコ

  • POSシステムの特徴が各業種によって豊富に取り揃えてる

  • 既存のシステムと連携できるので1から導入は不要

  • スピーディーで親身なアフターサポート体制

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

ポスコに対するみんなの口コミ

野外イベント用にポスコのPOSレジを導入しました。ハンディターミナルで持ち運びも楽でしたし、場所を取らないので何より複数...
ドラッグストア店で利用の為に導入したのですが免税システムもあり、かなり驚きました。パスポートリーダーもあり、お客様にお待...
買い取りを行っている雑貨店で、新しくポスレジを導入しました。今までは買い取り価格をネットを使って専用のサイトから値段を調...

環境やお客様に合わせてカスタマイズ

取り扱ってる製品が多種あり、色んな業界に対応できます。ハンディターミナルやセルフレジシステム、カードリーダなども取り扱いがあるので、ポスコを一括で導入することでポスレジ導入時の手間も短縮できます。

第4位 OrangePOS

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

4800店の導入実績とお客様との信頼関係

OrangePOSは最大1000店舗同時導入ができ、なおかつ本部で情報を一元管理できるので的確な売り上げが分析でき、次の課題のヒントが出しやすく売り上げアップに繋がります。

第5位 日本システムプロジェクト

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

安くて、簡単で、わかりやすいポスレジ

日本システムプロジェクトのポスレジは、低コストで導入ができ、ライセンス利用料は月額1500円から始められます。一体型と専用のレジアプリでPOS、レジスター、タブレットの問題点を全て解決できます。

ポスレジで対応出来る機能

ポスレジPOSレジとは、「レジ」と略される「キャッシュレジスター」、日本語で訳されるところの「金銭登録機」に、POSシステムと呼ばれる機能を搭載したものです。POSとは「PointOfSales」の頭文字をとったもので、日本語では「販売時点情報管理」と訳されています。これをもっと分かりやすく言うと、「お客様と金銭のやり取りをした時点で、販売情報を管理する」というシステムで、POSレジとは、従来の、商品やサービスの計算、記録をするだけのレジではなく、商品の販売情報や売り上げ記録、在庫記録までできる機能を搭載したレジだということです。
ではPOSレジは、具体的に何ができるかということについて説明していきたいと思います。
POSレジは、お客様が商品やサービスを受ける時点(=販売時点)に、その商品に付いているバーコードをスキャナー(読み取り機)で瞬時に読み取ることによって、バーコードについている、商品情報(部門、品名、値段など)を画面に表示し、レシートに印刷します。また、会員登録などによって、お客様の情報も作っておくことによって、お客様の商品購入の記録とともに、商品の販売記録にもつながります。これによって、その商品は、男性と女性どちらに売れるのか、いくつぐらいの人に売れる商品なのか、その商品の売れやすい時間などが分かり、その後の在庫管理や売り上げ記録に大いに役立ちます。

レンタルとリースはどちらがオトク?

女性の店員のイラストPOSレジは、主にどのような業種に導入されているのでしょうか?元々は、大手小売りチェーンや飲食チェーンで導入されていましたが、現在では、小規模店舗のほか、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、薬局やドラッグストア、アパレルショップや各種専門店、外食産業やガソリンスタンド、ホテルなどでも導入されています。
POSレジは、ネットワークに通じたレジなので、販売情報が集約され、さらにそれを蓄積・分析するので、売り上げ改善につながります。具体的に言うと、POSレジを導入することによって、従来の購入記録に加え、いつ・どの商品が・どんな価格で・いくつ売れたかが分かるので、商品の在庫状況や売れ行き動向ができます。これによって、仕入れ予測が立てやすく、催事やイベントの企画にも役に立つので、店舗運営が改善できるでしょう。また、その商品を購入したお客様の年齢層・性別・購入商品・今までの購入記録・ポイント管理もできるので、これまでの手間が省け、非常に便利です。
従来のレジでは、金額や部門を人の手で打つので、間違いが多かったり、時間がかかったりしていました。また、レジ自体も大きく、かさばる物でしたが、現在では、POS機能を搭載しているアプリをインストールしていれば、iPhoneやiPadがレジの代わりにもなります。
このように、メリットの多いPOSレジを、ぜひあなたの店舗や企業でも導入してみませんか?

業種によって使用できる機能が変わる

男女の店員のイラストここでは、たくさんあるPOSレジの機能の一部と、それが活きる業種についてみていこうと思います。
さまざまな機能があるPOSレジですが、基本はレジなので、まずは「会計管理」や「レシート印刷」です。そこからさらに、POSレジでは、「売り上げ確認機能」や「受注・在庫管理」、「会員機能」が付いてきます。これらの機能は、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの小売業、また、アパレル業など向けの機能といえるでしょう。
さらに、POSレジでは「カフェモード」と呼ばれる機能を使うと、イートイン(店内飲食)とテイクアウト(持ち帰り)を区別して会計したりできます。こちらは名前の通り、カフェなどの飲食店向けの機能ですね。
顧客管理機能を使えば、個々のデータの作成・保管ができるので、POSレジは美容室などの理容関係や病院で役に立つのではないでしょうか?それまでの作業軽減や人件費削減につながります。
また、小売業やアパレル業、飲食業の両方に活きる機能として、POSレジは、アプリやクレジット、各種ポイントとも連携することもできます。そのうえPOSレジは、メルマガ配信機能やシステム管理、他店舗連携までついているものもあるので、従来のレジとは考えられないぐらい、レジ一つでできることの幅が増えます。

簡単に使用できるPOSレジを選ぼう

店員POSレジひとつで、こんなにたくさんのことができるのですから、使い方は難しいのではないかと、特にご年配の店長さんや事業主さんは懸念するかもしれません。しかも、「利便性には、重大なミスや危険がつきもの」というようなことも言われますから、レジだけでこれだけのことができたら、それに伴うひとつのミスが招く損失も大きなものになりかねません。
しかし、POSレジは思っているよりもっと簡単に使えるんです。POSレジシステムの動作環境にも差はありますが、最近主流なのは、iPhoneやiPadなどのタブレット端末に、POSレジ機能の入っているアプリをインストールして使う方法です。これを使えば、従来のように、自分がレジに合わせるのではなく、レジを自分に合わせて、自分が使いこなすことが出来るレジができます。というのも、タブレット端末を使えば、どこをクリックしたら何が表示されるかが簡単に分かるレジシステムになります。また、アプリのサポート体制もしっかりしているので、分からないことがあればすぐに聞くこともできます。
もちろん、POSレジ導入に伴うミスは個人で防ぐしか方法はありませんが、最初はスピードより落ち着くこと、ひとつひとつ丁寧に確認しながら行うことで大きなヘマはなくなるはずです。それに、何事もそうですが、慣れればスピードは後からついてきます。何よりもまずは、POSレジに慣れることが重要です。

▲ ページトップへ